(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

無題

  • 2019/02/16 (Sat) 11:01:56
拡散文書

【創価学会の魔の正体は、米国が仕掛けてるAI(人工知能)】

創価を日本統治に利用してる組織がCIA(米国の極悪諜報、腐れスパイ)

創価の活動家は、頻繁に病気や事故に遭うんですけど、信者は皆、魔(仏罰、現証、非科学的な原始的発想)にヤられてると思ってます。災難が続くと、信者は仏にすがって学会活動や選挙活動に精を出すようになるので、定期的に米国のAlが軍事技術で災いを与えます。やる気を上げさせる為の、起爆剤みたいなもんです

犯罪組織を特定して、拡散していく事でこの犯罪は減って行きますから、盲滅法にバラまいて、世間に浸透させてます

最近異常気象が目立ちますど、台風も地震も大雨も、米国がAlを使って、HAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)で作り出したもんです

かゆみ、痛み、ワキガ等の悪臭、うつ病、認知症、統合失調症、インフルエンザ等の病気全般、自殺、殺人、事故、火災等、この世のほぼ全ての災いを、米国がAIを使って秘密裏に作り出してます

AIを用したレジ不要のコンビニ。このコンビニは、人の動作、音声、商品棚の重さ等をAIが細かくチェックして、お客が商品を持って出ると、ケータイで自動精算されるので、レジが不要です

この仕組みからわかる事は、AIは多くの人の一挙手一投足を、1度に管理出来るって事です

このAIの技術を米国が悪用して、人工衛星を使い、地球上の全ての人を、24時間365日監視盗聴して、創価信者や悪さした人を病気にしたり、事故らせたりして災いを与えてます

こんなに大規模な犯罪なのに、あまり世間に浸透してないのは、AIが遠隔から各個人の生活を24時間体制で見て、生活に沿った病気や痛みを与えて来たからです。重い物を持ったら腕に痛みを与えたり、ツラい事があったら鬱にしたり等。相手に覚られず、私生活に便乗して、違和感を持たせずにヤります

青森県三沢基地には、NSAの電波傍受(盗聴)施設がありますし、世界中に通信傍受施設を配備してるので、地球上のどの地点にいても、ケータイやPC等の通信機を介して盗聴します

この犯罪は、GPSを使ってやるので、地球上のどの地点にいようと、どんな建物の中に入ろうと、継続的に監視追跡出来ますし、どこに居てもピンポイントで、痛みやカユミや病気を作れます

そもそもGPSは、米国防総省が軍事目的で開発したもので、管理運用も国防総省がしてます。台風や地震を作り出すHAARPも、米国防総省主導によるプロジェクト。地球上の全ての人を管理してるAlを使って諜報活動するNSA(スパイ、政府機関)も国防総省の管轄です

ノイズキャンペーン(騒音の嫌がらせ)に至っては、救急車のサイレンで嫌がらせする為に、AIが重篤な患者を作り出しますし、パトカーが付きまといをする集団ストーカーは、警察に通報させないように、Alが警官を操って、いかにも警察が嫌がらせしてるように、工作します。警官は、自分が操られてる事に気付いてません。これらは全国でやってますから、警察関係者は知らぬ間に、多くの人に恨みをかってるって事です

行く所行く所で周りの人が咳払いしたり、くしゃみをしたりする集団ストーカーは、AIが被害者の周りの人に波動(周波数)を当てて、咳払いやくしゃみをさせてるだけです。いかにも集団でストーカーしてると思わせて、心理的負担をかけてるだけです

咳をした時の周波数と同じ周波の波動を当てると、人為的に咳を出させる事が出来ます。例えば、TBSラジオ90.5MHz、ニッポン放送93.0MHzに周波数を合わせると、これらのラジオを聴けます。これと同じように、食欲が湧かない時の周波数、眠れない時の周波数って具合に、それぞれの周波数と同じ周波を当てると、ラジオが切り替わるように、その状態に切り替わって、意識操作や精神疾患を作り出せます

生態の周波数コードを読み取って、脳波パルス信号に、同じ周波数を送ると、波動が共鳴して、その状態に切り替わります。例えば、人が右に曲がる時の周波数コードを読み取って、その周波数と同じ周波を送ると、いとも簡単に右に行かせる事が出来ます。これを利用すれば、警官を操って、パトカーに集ストさせる事も、たわいないです。好き嫌いの感情、食欲等を操る事なんか、造作もないです

例えば、蛍光灯に虫が集まるのは、ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられてるからです。逆にいうと虫ですら、周波数で操作が可能って事です。昆虫類は、それぞれが違った周波数の光に誘引される性質があるんで、どんな虫でも周波数を変えると、自在に操作が可能って事です

家の中に害虫を呼び込んだり、カラスを屋根の上に集めて暴れさせたり鳴かせたり、犬を吠えさせる嫌がらせも、AIが軍事技術を用いてヤってます

ちなみに、27~38Hzで不眠に、48~55Hzで喘息に、88Hzで片頭痛が引き起こされます。それぞれの病気が、それぞれ決まった周波数を持ってます。これらの周波数と同じ周波を当てれば、どんな病気でも作り出せるって事です

創価の本尊を燃やすと、その家が火事になるんですけど、これもAIが、火に鍋をかけてるのを忘れさせたりして、色々と工作してやったもんです

北野武氏が、創価の本尊に落書きした後バイク事故に遇いましたけど、あれもクソダニ米国が仕掛けてるAIの仕業です

地球上の全ての人を、24時間365日体制で管理してるからこそ出来る芸当です

現在の積雪について

  • 匿名
  • 2019/02/15 (Fri) 20:38:00
現在、積雪はどれくらいでしょうか?
来週の木曜日だと、その前の雨と高温で溶けて、営業休止の可能性もありそうですか?

Re: 現在の積雪について

  • スキー場管理者
  • 2019/02/15 (Fri) 20:43:22
本日の積雪は75cmでした。(圧雪してない個所での測定)
ゲレンデは今シーズンの中でもよい状況ではありますがほんの一部雪がつきにくい個所があり規制をしています。
ただ来週は気温が上がる予報が出ていますので雪解けが心配ではありますが営業休止までにはならないかと思っています。
ご来場をお待ちしております。

第70回下越スキー選手権大会について

  • スキー場管理者
  • 2019/02/15 (Fri) 19:43:43
2月24日(日)に下越スキー選手権大会が開催されます。
島外より76名の役員・選手が平スキー場に来ます、島内の愛好者の参加も20名くらいとなりました。
当日のスキー場は通常営業をいたします、ただ大会のためにユートピアゲレンデとファミリーゲレンデの一部はコースが規制されます。後のゲレンデは通常通り滑走できますのでご利用ください。

お湯の利用について

  • バケツまん
  • 2019/02/15 (Fri) 07:37:14
休憩室の利用について、意見がいろいろ来ておりますね。
うれしいかな混雑時には特に、みんなが、楽しく快適に過ごせるように、ご配慮よろしくお願いします。 
 さて、お湯や水の提供について
電気ポット(お湯)の提供中止とのことで、来場者は水筒にお湯持参、また電気ポットやガスコンロ持参と、個人で苦肉の対応を余儀なくされるています。
食堂経営に影響が出るとのことでの中止のようですが、これで利用者が増えるのかは疑問です。
カップ麺を食べたい時もあれば、食堂を利用したい時もあるでしょう。市民のための気軽な山小屋的な休憩室であって欲しいと思います。
食堂の方にお湯の管理をお願いするのは失礼かと思いますので、協会で管理し、受付辺りにポットを置くとか。
お湯や水の提供は必要と思いますので、再度ご協議をお願い致します。

Re: お湯の利用について

  • スキー場管理者
  • 2019/02/15 (Fri) 19:34:51
ご意見ありがとうございます。
食堂設置されたことでお湯の提供を2月でやめていますが、ご来場者の方々からいろんなご意見をいただいています。
お湯の提供については現在関係機関で再検討が必要と感じています、もう少し時間をいただきたいと思います。
ご理解をお願いいたします。

交通機関について

  • 匿名
  • 2019/02/15 (Fri) 02:36:59
タクシーを利用してスキー場に行くのは可能でしょうか?

Re: 交通機関について

  • スキー場管理者
  • 2019/02/15 (Fri) 07:19:36
ご質問ありがとうございます。
防衛道路通過時にはチェーンの装着か携行が必要になることがありますのでタクシー会社にご確認ください。
週末であれば無料シャトルバスをご利用ください。

ポール体験会

  • 匿名
  • E-mail
  • 2019/02/13 (Wed) 20:06:20
23日のポール体験会は
どこのコースに何旗門くらい立てるのでしょうか?

Re: ポール体験会

  • スキー場管理者
  • 2019/02/13 (Wed) 21:13:30
ご質問ありがとうございます。
使用コースは大会コースと同様と思いますが、新潟県スキー連盟下越協議会が開催する行事ですので使用するコースを確認して別途ご返事させていただきたいと思います。

Re: ポール体験会

  • スキー場管理者
  • 2019/02/14 (Thu) 19:28:51
ご回答が遅くなり申し訳ありません。
ポール体験のコースはユートピアゲレンデ(ロッジ~旧ロッジ間)で行う予定です。ただし雪の状況などにより変更される場合があります。
体験時の旗門数についてはユートピアゲレンデであれば6~7本くらいかと思います。

各種問合せと防衛道路使用の再確認

  • スキー場管理者
  • 2019/02/12 (Tue) 13:50:56
佐渡市平スキー場の営業等については、63-4050(平スキー場)にお問い合わせください。
佐渡市や自衛隊に問合せの電話が多く有るということですので、改めまして利用者の皆様にご連絡いたします。
1.スキー場の営業について
(1)営業日 毎週木・金・土・日曜日、祝祭日
(2)リフト運行時間  9:00~16:00
(3)貸しスキー・貸しスノーボード あり

2.スキー場に行くには
(1)新潟交通佐渡のシャトルバス利用(無料)
①土・日曜日・祝祭日 運行
②バス停は、金井コミュニティーセンター横 発着
③予約制ですので、新潟交通佐渡観光課(57-5131)まで事前にご連絡ください。
④金井コミセン発  8:30 10:30 12:45
⑤平スキー場発  12:00 13:30 16:15
(2)自家用車利用
①チェーンを必ず携行ください。(四駆でも必要です。)
②新保ダムを過ぎ、防衛道路に入る所にロープが張ってあります。スキー場に上がるには、赤い電話ボックスが有りますので、自衛隊に電話をして通行の許可をもらってください。
③冬季交通規制情報板が有りますので、ご確認いただきその指示に従ってください。(チェーン規制等はこの情報板で確認できます)
④下山時には、駐車場の出口に赤い電話ボックスが有りますので、自衛隊に電話をして通行の許可をもらってください。
⑤出口正面に信号機が有ります。青を確認してから下山してください。赤の時には下山しないでください。
交通事故を起こしては、スノースポーツをエンジョイできません。皆さんでルールを守って、平スキー場で楽しみましょう。

休憩スペースの適正利用について

  • 名無し
  • 2019/02/10 (Sun) 21:12:16
はじめまして。
この週末、平スキー場を利用させていただき、施設の利用方法、管理に疑問があります。

休憩所のキッズスペースと言うのでしょうか、お子様連れの方専用のような表示があるテーブルにお子様連れでない大人の方々が子供で混雑する状況でテーブルを占拠されていました。
さらに目を疑ったのは、ご自身で用意されたと思われるカセットコンロでお湯を沸かしカップ麺を食べていたことです。
あのような場所での火器の使用、キッズスペースで万が一子供にその火や熱湯がかかったらと思うと正直信じられない状況でした。

これが佐渡のスキー場の常識なのか?
とても気持ち良く利用できる施設であるとは言い難いと感じました。

Re: 休憩スペースの適正利用について

  • スキー場管理者
  • 2019/02/11 (Mon) 20:46:45
ご意見ありがとうございます。
キッズコーナーは昨シーズン乳幼児が利用する場所が欲しいとのお客様の要望により設置いたしました。
ただご覧いただいたように狭いスペースです、ご来場の方々の譲り合いの気持ちで利用していただくのが現状となっております、乳幼児がキッズコーナーやお子様優先席を使用するのに一般の方が使用している場合は利用時間の調整などで席を譲っていただくようにお願いしたいと思っております。
ガスコンロの室内使用については危険なこともあり使用している方にはご遠慮願いたいと思います。ご来場者のご理解とご協力をお願いいたします。

今後とも平スキー場へのご来場お待ちしております。

防衛道路の利用について

  • スキー場管理者
  • 2019/02/09 (Sat) 17:58:52
昨日の事故に関して自衛隊様より連絡がありました。
当面の間、上り口と駐車場に自衛隊の方を配置してチェーンの取付、携行などを確認することになりました。
今まで、お願いしてきた4WDでチェーンを使用しなくても携行しない方は上がれなくなりますので今一度チェーンの携行の確認をお願いいたします。

防衛道路で事故が発生!

  • スキー場管理者
  • 2019/02/08 (Fri) 20:26:04
本日、下山の際の信号無視て防衛道路で事故が起きてしまい、約4時間の通行止めになりました。

遊びに来た帰りに事故を起こしてしまっては一日が台無しになるばかりではなく、相手に対する補償、自身の怪我の治療、車の修理などで、余計な時間とお金を費やすことになってしまいます。

上山時の電話連絡、下山時の信号の順守、チェーンの携行は、平スキー場を利用するにあたっての最低限のルールです。

補足ですが、自衛隊に電話をしたときに応答が無い場合は『通って良し』ではありません、必ず自衛隊の方が出るまで連絡を取ってから指示に従って下さい。

事故が起きてからでは遅いのです、我々も皆さんが楽しんでいただける「だいら」にしようと思っていますのでよろしくお願いいたします